蔵カフェ「飯島茶寮」

kurasaryou.exblog.jp
ブログトップ

3代目の新人さん方々がやって来ました

今年も3代目(J soul brothersじゃあありません😅)新人さん方々いらっしゃいました❗️雑草管理支援兼ペットとして一時借りてきました。皆様可愛がってください🙇‍♂️

d0350189_20235280.jpeg

d0350189_20241666.jpeg

d0350189_20250016.jpeg

d0350189_20253271.jpeg

d0350189_20255737.jpeg





[PR]
# by saryou2317 | 2018-04-21 20:27 | 田舎暮らし | Comments(0)

今年も新人さん達受け入れ準備

今年もそろそろ三代目新人さん方々を受け入れるため檻を少し整備し作り直しました❗️皆様お楽しみに❗️

d0350189_00475393.jpeg

d0350189_00481121.jpeg

d0350189_00484097.jpeg



[PR]
# by saryou2317 | 2018-04-19 00:50 | 田舎暮らし | Comments(0)

ジャズボーカリスト

Bille Holiday(ビリーホリデー)(1915-1959)

女性ジャズボーカリストBillie Holidayは黒人の未成年同士の両親から生まれた彼女の貧しい生い立ち、人種差別、麻薬常習等々壮絶な波乱万丈人生を背景にそれを歌に反映させた憂いのある歌で有名だが、晩年、1959年44歳で亡くなる前年に酒と麻薬に蝕まれたフラフラの身体で声を振り絞ってしわがれた声で歌っているアルバム「Lady in Satin」をボクが20代前半の若い頃に夜のジャズ喫茶で初めて聴いて背筋がゾクゾクして感動した記憶がある。 このアルバム全曲Ray Ellisオーケストラのストリングスとの美しいアレンジ演奏が何と美しいことか。一曲目の「I’m a fool to want you」(Frank Sinatra作)のBillie Holidayの低いしゃがれた声の歌い出しからアルバム全曲に渡って彼女の美しくも哀しい世界に引き込まれてしまい、彼女の凄まじい人生を想像しながら聴くと涙が出るくらい感動した。

Billie Holiday lady in satin(Amazon)

Billie Holiday lady in satin(楽天)



Lady in Satin

[PR]
# by saryou2317 | 2018-04-15 00:13 | Jazzの話 | Comments(0)

りんごが開花直前

りんご(王林)の花が開花直前に❗️さあ、今年の出来具合はどうか⁉︎‥‥これからの管理如何 (^ ^)

d0350189_23085306.jpeg

d0350189_23091497.jpeg


[PR]
# by saryou2317 | 2018-04-12 23:09 | 田舎暮らし | Comments(0)

ギョウジャニンニクとニラが出てきたので初収穫❗️


ギョウジャニンニクとニラが出てきたので初収穫❗️(^ ^)
皆さん、ギョウジャニンニク、ニラ、ニンニク、ネギ、アサツキ、ノビルもすべて(Allium)ネギ属なので葉っぱをちぎって匂いを嗅ぐといわゆるネギ臭があります。これは食えます。よく間違えて食ってしまってエライことになる植物のスズランもスイセンもネギ属ではないためネギ臭はありません。食えないし毒です。葉っぱの形態で区別できない時は葉っぱをちぎって匂いを嗅ぐ! これが一番分かり易い方法です。試してみてください。ただし、野生植物は時として混ざって生えていますので、くれぐれも気を付けてください。


ギョウジャニンニク

d0350189_23012921.jpeg
手前がニラ、向こうのニラより葉っぱが広いのがギョウジャニンニク

d0350189_23011405.jpeg


[PR]
# by saryou2317 | 2018-04-12 23:06 | 田舎暮らし | Comments(0)

ボケの花

裏山の土手のボケ(木瓜)の赤花、白花、ピンク花が咲き始めました。綺麗です。

d0350189_00075091.jpeg

d0350189_00081421.jpeg

d0350189_00083957.jpeg

d0350189_00085988.jpeg

d0350189_00094210.jpeg

d0350189_00102716.jpeg






[PR]
# by saryou2317 | 2018-04-08 00:13 | 田舎暮らし | Comments(0)

またストーブ焚いた

桜が満開だというのに今晩は夜になったら冷えて来て何と天気予報では夜中に雪、明朝の最低気温は1°Cだと❗️数日前シーズンオフ掃除したばかりの薪ストーブまた焚く。ま、これもまた良し❗️( ◠‿◠ )

d0350189_00023119.jpeg


[PR]
# by saryou2317 | 2018-04-08 00:04 | 田舎暮らし | Comments(0)

今年の初物タケノコ

初物(孟宗)収穫しました。まだまだこれから出て来るはずですが、今年のこの後の出具合はどうでしょうか⁉︎ ガレットランチセットの前菜にお出ししようかな‥😉

d0350189_22375763.jpeg


[PR]
# by saryou2317 | 2018-04-05 22:38 | 田舎暮らし | Comments(0)

改めて薪割り作業

薪ストーブ屋さんから「薪の直径が比較的小さくても乾燥促進のために出来るだけ割りましょう」とのアドバイスから、今年2月に薪棚に並べた栗の木の薪を再度改めて割る作業

d0350189_23302837.jpeg
斧も使いますが、比較的細い薪を上手く真っ二つに割るには薪割り機はすごく楽で女性でも簡単に割れます ↓
d0350189_23305393.jpeg

d0350189_23321245.jpeg
上記写真と同じ優れものオススメ薪割り機❗️ これ、家庭用電源コードに繋げて使用できる。しかも比較的安価。意外と太い薪(直径30cmくらい)でも気持ち良くサクサクしっかり割れる❗️しかも動力エンジンじゃないので動作音は至極静か、住宅街の中の一軒家お宅でも安心して使えます。



[強力電動でスイスイ薪割り] 7トン(7t) 電動油圧式の小型家庭用 薪割り機 LS-7t 4分割カッター付 (薪割機/まき割り機/ログスプリッター) 薪ストーブ(まきストーブ)や暖炉の薪(ヒノキ・杉ほか)の用意も簡単に [送料無料/保証付き] P19May15

[PR]
# by saryou2317 | 2018-04-04 23:33 | 田舎暮らし | Comments(0)

ジャズstandard number

ジャズの曲にもいろいろあるがstandard number(スタンダード ナンバー)というものがある。いわゆるいろんなミュージシャンから親しまれて演奏する曲として昔からずーっと広く取り入れられて唄い継がれあるいは演奏され継がれてきているジャズの曲として一般化している定番曲。 例えば元々映画音楽だったりシャンソンだったりポップスだったりコード進行が面白くジャズミュージシャンから好まれたりするような曲が多い。

★「Stella by starlight」
元々ビクター・ヤングが1944年の映画『呪いの家』のために作曲したジャズスタンダードですが、昔から数多くのプレーヤーが演奏したり歌ってる僕の好きな曲の1つ。 歌モノではFrank Sinatraは勿論いいですが、Anita O'Dayがミディアムテンポで歌ってるのもいいねぇ。因みに演奏ではMiles Davisのアルバム"My Funny Valentine"の中のStella By Starlightは是非聴くべし!ピアノのHerbie Hancockも最高〜❗️


映画 呪いの家 [DVD] (1944)



アルバム「My Funny Valentine: Miles Davis in Concert」(1964)

★「酒とバラの日々(The Days Of Wine And Roses)」(酒バラ)。
1962年米映画、ジャックレモン主演のアルコール中毒夫婦が何度も酒を絶とうと試みながら結果断ち切れず‥‥という悲壮な映画なんだけど、この映画全編に流れるBGMのヘンリーマンシーニ作曲綺麗なメロディーがジャズのスタンダードとして数々のミュージシャンが演奏したり歌詞付きで歌ったりしてる。
映画 酒とバラの日々 [DVD]


オリジナルサウンドトラック「酒とバラの日々(The Days Of Wine And Roses)」
CDアルバム「酒とバラの日々



Rosemary Clooneyの歌版
ちなみにRosemary Clooneyは俳優George Clooneyの叔母さん

アルバム「シングス・バラッド


★「On Green Dolphin Street」
元々1949年のアメリカMGM映画「On Green Dolphin Street」
邦題:大地は怒る)の主題曲。この映画、あまり知られていないが邦題とは全く異なる物語で2人の姉妹と1人の青年との間の恋愛結婚話だが、なかなか面白い内容に出来上がっている。映画全編のBGMとして「On Green Dolphin Street」が流れています。詳しくは下記DVD購入してご覧ください。
大地は怒る(DVD)

その後いろんなジャズミュージシャンが演奏。
アルバム「1958年Miles Davis」の演奏は必聴。
出だしのBill Evansは最高!
アルバム「1958マイルス+2


★「Tenderly」
1946年ウォルター・グロス作曲のポピュラーソング。Nat King Cole、Billie Holiday、Sarah Vaughan ・・・いろんなヴォーカリストが歌ってる。もちろん楽器演奏も多く、Bill Evans初期の「Everybody digs(1958)」というアルバムの中に入っているスタンダードTenderly。このBill Evansの右手のシングルトーンのアドリブ演奏が凄く好きで何回聴いたことか!

アルバム「Everybody Digs Bill Evans: Keepnews Collection


ジャズのスタンダードナンバーという訳じゃないが、ジャズに関係する映画として是非見て欲しい映画。
アメリカのハリウッド全盛期の1956年映画『愛情物語』(原題: The Eddy Duchin Story)、この映画は1930年代から1940年代にかけて活動した実在のピアニスト、エディ・デューチン(ジャズピアニストというよりポピュラーピアニストに属するかな)の生涯を描いたもの。 この映画、夫婦(奥さん役キム・ノバク)と1人息子の3人の家族愛を描いた物語で、息子が父親に習ってジャズピアニストになろうと日々練習重ね努力する場面や、ルイ・アームストロングが出てきたり、とジャズに興味ある人にはなかなか面白いが、物語的にも家族で楽しめる正に典型的なハリウッド映画。最後にショパンの「ノクターン第2番」をエディ・デューチン役俳優タイロン・パワーと演奏技術的に成長した息子がそれぞれ2台のピアノで向かい合って一緒に、いわゆるジャズ風に弾く場面が感動的で涙涙の映画。 実際にはエディ・デューチンに影響を受けた華麗な演奏で有名なピアニストCarmen Cavallaro(カーメン・キャバレロ)が弾いてる。



愛情物語  [DVD]

[PR]
# by saryou2317 | 2018-03-30 16:41 | Jazzの話 | Comments(0)

福寿草の花を鉢に移植しました

庭に咲いた福寿草(Adonis ramosa)を花が咲いているうちに店の鉢に植えてみました。ちなみに、福寿草って1月1日の誕生花だそうで、実はボクの誕生花だったんですヨ😅

d0350189_09105123.jpeg

d0350189_09113249.jpeg


[PR]
# by saryou2317 | 2018-03-29 09:11 | 蔵カフェ飯島茶寮のこと | Comments(0)

小林裕之(ts&ss)・藤原尚(pf)Duo 今年第2弾

小林裕之(ts&ss)・藤原尚(pf)Duo 今年第2弾


6月23日(土曜日)

開場18時 開演18時30分

料金 ¥2500(1ドリンク込)

ご予約090-1869-1136


[PR]
# by saryou2317 | 2018-03-27 10:26 | Jazz Live情報 | Comments(0)

マルチリード奏者Roland Kirk

盲目のマルチリード奏者Roland Kirk(ローランド・カーク)
当時彼の風貌演奏スタイルがあまりにも奇異のためグロテスクジャズと言われたこともあるローランド・カークは各種管楽器(彼特注のサックスも)を一緒に同時演奏(和音を奏でる)する独特な演奏、且つ息継ぎをしないで延々と吹き続ける循環呼吸吹奏法を駆使したことでも有名。

アルバム「溢れ出る涙

d0350189_10250982.jpeg


[PR]
# by saryou2317 | 2018-03-20 22:36 | Jazzの話 | Comments(0)

「小林裕之(ts&ss)・藤原尚(pf)Duo ライブ模様

昨晩317日(土曜日)のジャズライブ「小林裕之(ts&ss)・藤原尚(pfDuo」では多数お客様にお越し頂きありがとうございました。

当店初Duoのプレーは最初から最後まで圧巻、ベテラン小林裕之のサックス(テナー&ソプラノ)は、楽曲によりテナーとソプラノを持ち変え、時にはソニーロリンズ風、時にはアーチーシェップ風 、時にはアルバートアイラー風等々‥最後に2本吹きでローランドカーク風と正に七変化、正統派プレーからフリーっぽいプレーまでエモーショナルな素晴らしいプレー。ピアノ藤原尚も小林のプレーに対しアグレッシブなプレーで呼応するという2人のDuoは刺激的で圧倒されっ放しのライブでした。

また、小林が客席を回って各お客様の目の前でサックスプレーを披露し喜んでもらうというサプライズもあり、お客様も大変喜んでいらっしゃいました。

『速報』次回623日(土)に小林裕之(ts&ss)・藤原尚(pfDuoライブ決定しました。残念ながら今回お越しになることができなかった皆様は次回是非どうぞ!

お待ちしています!

d0350189_23032425.jpeg

d0350189_23041284.jpeg

d0350189_23081385.jpeg

d0350189_23091042.jpeg

d0350189_23140223.jpeg

ローランドカーク↓
d0350189_10250982.jpeg

d0350189_23102852.jpeg

d0350189_23112085.jpeg



ソニーロリンズの名盤「サキソフォン コロッサス」

サキソフォン・コロッサス



アーチーシェップ&ホレスパーラン「ゴーイン・ホームGoin' Home


フリージャズ全盛期のアルバートアイラーの代表作「Spiritual Unity」

Spiritual Unity

[PR]
# by saryou2317 | 2018-03-18 23:14 | Jazz Live情報 | Comments(0)

3月17日(土)小林裕之(ts) 藤原尚(pf)Duo

小林裕之(ts&ss)・藤原尚(pf)Duo


3月17日(土曜日)

開場18時 開演18時30分

料金 ¥2500(1ドリンク込)

ご予約090-1869-1136


松本市出身で長年長野市のライブハウス中心に活動しているエネルギッシュな演奏が持ち味の小林(テナーサックス、ソプラノサックス)と、当店でもお馴染みバップからヨーロパ系の洗練されたスタイルもこなし常に自己音楽追求に余念がないピアニスト藤原とのDuo。さてどんな刺激的なジャズが生まれるか楽しみです!
d0350189_23225533.jpeg

[PR]
# by saryou2317 | 2018-02-26 14:00 | Jazz Live情報 | Comments(0)

茶畑の土手に大穴が❗️

我が家、敷地奥の方の茶畑の土手が崩れそうなくらいの大きな穴がいくつも❗️ 誰の仕業か⁉️ 2年くらい前にこの周辺で鹿の糞を見つけたことがあったが、最近は全く見られない。イノシシ🐗⁉︎ シカ🦌⁉︎ キツネ🦊⁉︎ アナグマ⁉︎ 😣 どなたか野生動物の生態に詳しい方分かりますか?

d0350189_22050439.jpeg
d0350189_22054207.jpeg

d0350189_22061750.jpeg

d0350189_22063763.jpeg




[PR]
# by saryou2317 | 2018-02-25 22:12 | 田舎暮らし | Comments(0)

薪ストーブ用薪作り

今日は比較的暖かかったので家の薪ストーブ用薪作り作業。今年も分けて頂いた太い栗の剪定枝、やり残していたものをチェーンソーで切る作業。何とか1日で終わりました 🤗

d0350189_21512295.jpeg

d0350189_21521427.jpeg


[PR]
# by saryou2317 | 2018-02-23 16:50 | 田舎暮らし | Comments(0)

イタリアンジャズピアニスト

「Antonio Farao」
ヨーロッパジャズはクラシック的な陰影を醸し出す美しさがある北欧ジャズが代表のような印象があり、イタリアンジャズピアニストとして真っ先に思い出すEnrico Pieranunziもその傾向が強いミュージシャンのような気がするが、彼とはまた異なりクラシック的な技術はしっかり、且つスイングして明るいジャズをやってて興味深い2人のイタリアンジャズピアニストがいる。その1人Antonio Farao は1965年1月19日ローマ生まれ、小さいときからクラシック・ピアノを習い、やがてミラノのヴェルディ音楽院を1983年に卒業、その後、多くのジャズ・フェスティヴァルに参加し、数々のミュージシャンとも演奏、特にKenny Balonに認められ彼のバンドで代役を務めたほどのピアニスト(メディア掲載抜粋)で、種々アルバム出してるが、激しい「動」のプレーとバラードの「静」のプレーどれを聴いても音選びが美しく気持ちいいし、とにかく上手い!

アルバム「Black inside」は彼のリーダーデビュー作

アルバム「ブラック・インサイド


躍動的な彼の動の演奏に対して、これは彼の静の部分の演奏、息子ドミニクに書いたオリジナル曲Domiは美しいバラード曲。

アルバム「ドミ

当アルバム内にも入っているOne solutionはアグレッシブな彼の演奏が映える。
下記はYoutube動画「One solution」





「Dado Moroni」
1962年、イタリア・ジェノバ生まれのピアニスト。
4歳からピアノを習い始め10代でモダンジャズの洗礼を受け、17歳で自己のトリオを率いて、ファーストアルバムを録音したという早熟な才能の持ち主。その後、ヨーロッパを股にかけた演奏活動にいそしみ、1987年にはニューヨークにも進出。レジェンドRon Carterとのレコーディングを果たす。(メディア掲載抜粋)

Antonio Faraoより少し年齢上のほぼ同世代のイタリアンジャズピアニストだが、Antonio Faraoに比べてオーソドックスなジャズピアノだがスイングするなかなかセンスのいいピアノを弾く。

アルバム「Shapes」

SHAPES



「Francesca Tandoi」という女性ジャズピアニスト兼ボーカリスト、この人1〜2年前?澤野工房からCD出て最近気になっていた。 女性ミュージシャンにありがちな妖艶な感じのCDジャケットだが、いやいや中身は男勝りの力強いサウンドで驚き。 YouTubeにもFrancesca Tandoiが最高にスイングしているTrio演奏が見られる。
これぞJazzの醍醐味、溢れ出るアドリブ❗️

1st アルバム「For Elvira」(2014)ボーカル無しと有りが半々。

アルバム「FOR ELVIRA


2ndアルバム「Something」(2014)ボーカル全面に出している。
アルバム「SOMETHING BLUE











[PR]
# by saryou2317 | 2018-02-18 23:25 | Jazzの話 | Comments(0)

くるみ割り

本日は、昨年秋に裏山で収穫し保存しておいた鬼胡桃を割る作業。くるみ割り人形ならぬ「くるみ割りオジサン」👨🏻‍🌾

一つ一つカナヅチで割るのは結構面倒だけど‥‥生で食うと旨い❣️

d0350189_00280288.jpeg

d0350189_00274832.jpeg


[PR]
# by saryou2317 | 2018-02-03 00:29 | 田舎暮らし | Comments(0)

1月20日(土)「四十八茶百鼠」ライブ模様

本日は飯島茶寮新年初ライブ「四十八茶百鼠」(ベース清遠日奈子・ピアノ藤原尚)DuoのライブではWaltz for DebbyはじめファンカレロなどBill Evansの曲を多く披露、藤原のさらに磨きのかかった美しく且つアグレッシブなピアノソロに対しビンビン響かせる清遠のベースソロが呼応する2人のDuoコラボサウンドは蔵で心地良く響き渡りました! お客様もご満足頂けたと思います。ありがとうございました。これからのさらなるプレーが楽しみなDuoでした。

d0350189_00025620.jpeg

d0350189_00041971.jpeg
d0350189_00040233.jpeg
d0350189_00033560.jpeg



[PR]
# by saryou2317 | 2018-01-21 00:05 | Jazz Live情報 | Comments(0)